2016年06月21日

中学1年,2年,高校1年「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。

平成28年6月21日(火)3・4校時にJAXAより2名の講師をお招きして「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。
学年と講話の内容は次のとおりです。
 <中学1年生・高校1年生>
  演題:ロケット打上「イプシロンロケット」
  講師:井元 隆行 氏

 <中学2年生>
  演題:「地球・惑星や月の探査」
  講師:清水 幸夫 氏

 ロケット打上「イプシロンロケット」では,ロケットの性能についての説明をしていただきました。また,「地球・惑星や月の探査」では,恒星・惑星・準惑星・衛星についての説明や,地球儀を用いた地球と月の関係についても説明していただきました。
 講義の後の質疑応答の時間では,「プラズマエンジンとはどのようなものか。」「小さい星はどのようにしてエネルギーを得ているのか。」「冥王星はなぜ茶色いのか。」等,多くの質問が出ました。
 本日の講義で説明していただいたことをもとに,さらにテーマ追求に向けての学習を進めてほしいと思います。

DSC08023.JPG
ロケットの性能について

DSC08016.JPG
プラズマエンジンについて

DSC08033.JPG
質問の様子
posted by 広報部 at 14:23| 鹿児島 ☁| シリーズ宇宙学 | 更新情報をチェックする