2016年10月20日

宇宙学講義(高校)

 本日,高校生第7回の宇宙学講義を実施しました。
 今回の講師は,三菱重工業でロケットの燃料タンクの開発に携わっている中村文仁主任でした。『ロケットについて』という演題のもと,ロケットの役割とロケットが運ぶものが私たちの生活に役立つ事例,そして三菱重工業が実際に担当しているロケットの製造から打ち上げについて,また新しい基幹ロケット(H3)開発の意義などについても,分かり易く話してくださいました。
 最後に,代表生徒が「今回が外部講師による最後の講義となり,これからレポート作成にとりかかります。今回の講義も参考に,良いレポートを作成したい。」と,御礼の言葉に加えて,今後の決意を示して終わりました。
IMG_0018.JPG

講義のようす

IMG_0023.JPG

熱心に聴いてます

IMG_0032.JPG

御礼の言葉と決意表明
posted by 広報部 at 19:06| 鹿児島 ☁| シリーズ宇宙学 | 更新情報をチェックする