2016年12月16日

全校朝礼を行いました。

12月13日(火),全校朝礼を行いました。校長講話のテーマは「生きているということ」です。

「生きているということ」はどのようなことなのか,
 @詩人・谷川俊太郎さんの作品の話
 Aイタリアで開催された合唱コンクールで1位になった杉並学院中学校・高等学校が,小児科の末期がん患者の病棟で慰問演奏をしたエピソード

 をもとに講話をしていただきました。
 今週は「いじめを考える週間」ということで,「生きているということ」はどういう事なのか改めて考える機会となりました。

 講話の詳細は,ホームページの保護者専用ページに掲載してあります。是非ご覧下さい。
 http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sh/nansyun/
posted by 広報部 at 08:57| 鹿児島 ☀| 全校朝礼校長講話 | 更新情報をチェックする