2016年10月04日

宇宙学講義(高校1年)を行いました

 本日,高校生第6回の宇宙学講義を実施しました。
 今回の講師は,第一工業大学の航空工学科の齊藤孝教授でした。『航空工学』という演題のもと,航空機の飛行原理を紙飛行機をモデルに分かり易く説明していただきました。講義の途中で,生徒が事前に作成した紙飛行機を実際に飛ばしながら,安定飛行しなかった原因を説明し,その修正方法まで教えていただきました。(下部写真)修正した紙飛行機は,まっすぐにスーっと飛んでいき生徒からも感嘆の声が上がりました。
 最後は,事前に作成した紙飛行機を皆で一斉に飛ばし,講義を締めくくりました。
IMG_0011.JPG

講義の様子

IMG_0016.JPG

生徒の紙飛行機を修正中


IMG_0022.JPG

遠くまで飛んでいけ〜



posted by 広報部 at 15:21| 鹿児島 ☁| シリーズ宇宙学 | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

中学2年「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。

平成28年9月27日(火)2・3校時に2名の講師をお招きして「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。
学年と講話の内容は次のとおりです。

 <中学2年生>
  演題:「人工衛星と私たちの生活」
  講師:NPO法人日本モデルロケット協会認定モデルロケット講師
     NPO法人宇宙アドバイザー協会,鹿児島県天文協会 三枝 博 氏

 中学2年生では,「人工衛星と私たちの生活」の中でも,人工衛星を用いたリモートセンシングの技術について説明していただきました。
 人工衛星によって,気象観測(台風)や植物の分布,海洋,火山活動,地殻変動など,人間の目では見えない物を観察することができる技術が私たちの生活に大きな影響を与えていることを教えていただきました。
 生徒は「一番長く飛んでいる衛星は何か。」「植物の分布を調べるための方法について」質問していました。
ug007.JPG
ug020.JPG
ug025.JPG

 これから生徒達は自分のテーマを追究していきます。これまでの講義をもとに,課題を解決してほしいと思います。
posted by 広報部 at 11:51| 鹿児島 ☁| シリーズ宇宙学 | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

中学1年,2年「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。

 平成28年7月7日(木)2・3校時に2名の講師をお招きして「シリーズ宇宙学」講義を実施しました。
学年と講話の内容は次のとおりです。
 <中学1年生>
  演題:「国際宇宙ステーション」
  講師:NPO法人宇宙アドバイザー協会代表 冨永 和江 氏

 <中学2年生>
  演題:「天体とその歴史」
  講師:NPO法人宇宙アドバイザー協会,鹿児島県天文協会 大浦 健治 氏

 中学2年生の方では,「天体とその歴史」の中でも,望遠鏡の歴史や望遠鏡の仕組みなどを説明していただきました。
 講義の中では,大西宇宙飛行士の乗ったソユーズの打上をインターネットのライブ中継で見ました。
 また,望遠鏡に触れる機会もつくっていただき,生徒はとても関心を示していました。
 本日の講義で説明していただいたことをもとに,さらにテーマ追求に向けての学習を進めてほしいと思います。
DSC08074.JPG
2年生の学習の様子
DSC08085.JPG
インターネットでライブ中継の視聴
(ソユーズ打上)
H28_0707_013.jpg
1年生の学習の様子
posted by 広報部 at 17:13| 鹿児島 ☁| シリーズ宇宙学 | 更新情報をチェックする