2017年01月23日

教室の空気検査を行いました。

1月19日(木)に学校薬剤師の川添先生に来校いただき,教室内の空気中の二酸化炭素濃度を測定していただきました。この日は温かく暖房をつけずに授業をしていましたが,窓を閉め切った部屋では少しずつ二酸化炭素濃度が上がるという結果がでました。
 この結果を受けて,川添先生から授業終了時に検査の結果をご説明いただき,あわせて感染症が流行するこの時期は特に,休み時間に窓を開けて換気をすることが大切だとご指導くださいました。生徒も真剣に話しを聞いており,換気の大切さについて再認識した様子でした。
 今後,感染症予防については,生徒保健委員会からも全校生徒に呼びかけていきます。
 川添先生,お忙しい中検査を実施していただきありがとうございました。
DSCN5529.JPG
DSCN5533.JPG
posted by 広報部 at 19:27| 鹿児島 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

肝付町「車座ふるさとトーク」

 車座ふるさとトーク(in鹿児島県肝付町)に高2吉田健人君が参加しました。車座ふるさとトークは,安倍内閣の事業で全国各地で実施されており,鹿児島県では3回目です。
 今回のテーマ「宇宙科学・探査が果たす役割」について,水落文部科学副大臣と肝付町に住む10代〜50代の男女10名が峯杉JAXA内之浦宇宙空間観測所長の進行でトークを繰り広げました。吉田君も「世界のロケットを内之浦で打ち上げるように誘致できないか」など,宇宙関連の事業をどのように地域貢献に活かせるかについての意見を述べていました。
DSCN5508.JPG

車座トークの様子


DSCN5513.JPG

発言する吉田君

(向かって左が水落文部科学副大臣,右が峯杉JAXA内之浦宇宙空間観測所長)


DSCN5518.JPG

集合写真


DSCN5522.JPG

取材を受ける吉田君
posted by 広報部 at 10:15| 鹿児島 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

3学期始業式を行いました。

 本日,3学期始業式が行われました。
 校長講話では,酉年にちなんで,「ちいさいしろいにわとり」という作品が紹介されました。
 作品の中の鶏がもつ「利他」の精神,将来への計画性に触れ,私たちが作品の中の鶏のような役割を果たすにはどうすればよいか,また,自分たちの幸せのために苦労を厭わない誰かの存在に気づき,感謝することの大切さについて皆で考えました。
 
 利他の精神をもち,至誠を実現できる誰かの存在に気づき,そして次は自分が動く。それができれば,この楠隼はもちろん,今後みんなが生きていく社会も良き方向へ進んでいく。
 この1年は,受験をむかえる高2はもちろん,全学年にとって大切な1年である。来たるべき日に向けて,一人ひとりが決意をもって目標を実現できる1年となることを祈る。    
     
講話の詳細は,ホームページの保護者専用ページに掲載してあります。是非ご覧下さい。


 校長講話後は,今回初めて生徒の生伴奏によって校歌斉唱が行われました。
 ピアノ伴奏を中学1年の井上匠君,指揮を高校2年の廣濱開世君が行ってくれました。素晴らしい演奏のもと校歌を歌い,さわやかな新学期のスタートとなりました。
posted by 広報部 at 12:05| 鹿児島 ☁| 校長講話 | 更新情報をチェックする